岡山市で注文住宅を建てるならシライホーム(白井組)。新築・リフォーム・介護リフォーム・増改築など幅広く手掛けております。地域密着のあんしん工務店。

専門の福祉住環境コーディネーターが介護保険サービスを利用した住宅改修のご相談を承っております。

TOP >> 安心の白井組 >> 介護住宅

介護住宅施工例

浴室

浴室

浴室の床は滑りにくい床材を使用し、浴室の必要な部分に、手すりをつけることで、転倒を軽減します。
介護する側の事も考え、浴室自体を広く造りました。

写真を見る
バリアフリー

バリアフリー

段差をなくし、片開き戸から出入りしやすい引き戸に変更しました。
スムーズに部屋から部屋、部屋からトイレ、部屋から浴室への移動ができるようになりました。

写真を見る
トイレ

トイレ

トイレを全体的に広くし、転倒防止のための手すりを設けました。
洋式便器への変更で、足腰の負担を軽くし、便器に近づくとセンサーで感知し、ふたが自動で開き、離れると閉じる、オート開閉を採用。用を足して便器から離れるとセンサーが自動で水を流してくれます。

写真を見る

介護保険認定

小規模な住宅改修で最大20万円まで支給されます。

住宅改修費用の一部が支給される制度をご存知ですか?
介護保険認定を受けた方の住宅改修の費用が一部助成されます。
白井組では専門の福祉住環境コーディネーターが、介護保険サービスを利用した住宅改修の相談を承ります。

対象となる方
介護認定で要介護1〜5の認定を受けた方または要支援1・2の認定を受けた方で、上限20万円までの支給が受けられます。また、認定で非該当とされた方でも、予防給付として住宅改修の支給が受けられる場合があります。
※支給にあたっては、専門家による「住宅改修の理由書」他必要書類の作成や事前申請の手続きが必要となります。
対象となる住宅改修
  • 引戸などへの扉の取替え
  • 洋式便器などへの便器の取替え
  • 床段差の解消
  • 手すりの取り付け
  • すべり防止および移動の円滑化などのための床材の変更
  • 上記の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修

住まいに関するご相談やご質問など、お気軽にお問い合せ下さい。